m's blog

真の田舎者の雑記ブログ

【自宅焼肉】イワタニの炉端焼き機で自宅で本格焼肉!

 

自宅で焼肉をする際に、手軽にお店の焼肉の味が出せる…こんなに素敵な事ってないと思いませんか?

 

そんな夢のようなアイテムが実は現実に存在します。マジです。

 

こんにちは、なごみ(msblog_hatena)です。

 

今回はイワタニさんから出ている『炉端焼き機』を実際に購入して、自宅で本格焼肉を味わったのでそのことについて書いていきます。

 

 

道具一つでお手軽に自宅焼肉をワンランクあげるどころかお店の味にできるなんて夢のようですよね?

それでは早速本題に入っていきます。

 

自宅で本格的な焼肉が味わえる炉端焼きとは?

 

炉端焼きとは、魚介・肉・野菜などを囲炉裏風の炉で焼くものの総称ですね

炭火でもいいのですが、自宅で焼肉をするとなった場合に炭火だと火災報知器や煙による一酸化炭素中毒の兼ね合いで中々できません。

 

しかしこのイワタニさんが出している『炉端焼き機』は普通のCB缶(ガスコンロとかで使うガス缶)で使えます。

 

値段もお手軽でホットプレート焼肉をするよりも、本格的な焼肉を自宅で味わうことができる夢のような機械です。

 

f:id:msblogfree:20190728222752j:plain

 

パッケージにも書いてある通り卓上で七輪焼き並みの美味しさを手に入れられます。

言うならキャンプ時に炭を起こさなくても、焚き火をしなくてもお肉が焼けます。

キャンプ翌日の朝、意外と時間ないですよね?そんな場合などに魚を焼いたりするときに重宝できそうですね。

サンマとかホッケとかグリルで焼くよりも美味しく焼けそうでワクワクします。

 

我慢できないので早速『炉端焼き機』開封して中を拝見していきます。

 

炉端焼き機開封 外観

 

f:id:msblogfree:20190728223406j:plain


開けてみると意外とシンプルな作りです。

大きさ的には2〜4人くらいなら楽勝で賄えるくらいの大きさ。

思っていたよりサイズは大きかったですね。

もうこの『炉端焼き機』を卓上で眺めているだけでよだれが滝のように流れてきます。

幸せを感じずには入られません。

炉端焼き機 分解

 

上の部分が分離できそうなので外していきます。

普通に上に持ち上げるだけで外れる親切設計。

 

f:id:msblogfree:20190728224008j:plain

 

このU字の金具の部分の穴から『無数の小さい炎』が出て食材を焼くスタイルみたいですね。

ここでも見えてますが一番下には水を入れる部分があり、スライド式で横から引き出せます。

火災の原因にもなりますので忘れずに必ず『水』を入れてください。

水は体感上少し多めに入るみたいなので、こぼさない程度に多めに入れました。

 

f:id:msblogfree:20190728224533j:plain

 

このまま取り外しも効くから外して水道から直接入れます。

コップ等で何回かに分けて入れても良さそうです。

焼いてる途中で開ける場合はかなりの高温になるので、タオル等で掴むか軍手を使いましょう。

確実に火傷する温度ですので本気で気をつけましょう。

 

f:id:msblogfree:20190728225205j:plain

 

ガス缶をセットしていきます。

回したりレバー引いたりまどろっこしいことはしなくていいです。

ただ向きを合わせて差し込むだけ。

しっかり刺さってることだけ確認してください。

ガス漏れがないことを確認できたら『油跳ね防止』のために新聞紙を下に引いてガードします。

 

炉端焼き機を使い、自宅で本格焼肉開始

 

準備が完了したら点火して早速食材を焼いていきます。

自宅でお手軽本格焼肉のスタートです。

 

 

f:id:msblogfree:20190728225603j:plain

 

思ってたよりも火力は十分です。

ガスコンロと一緒で調整もできますが、火力MAXの状態でキャベツは秒で焼けていきます。

火の通りの遅い『かぼちゃ』や厚めの『玉ねぎ』もそんなに気にならないくらいの時間で焼けていきます。

少しスペースが空いてきたらここで今回の主役の登場です。

 

f:id:msblogfree:20190728230413j:plain

 

今回は張り切りすぎまして、結構奮発して高級肉を買ってきました。

おじさん達には油が多いのは結構しんどいので、脂身が少ない部位ををチョイス。

早速主役のお肉を網に乗せて焼いていきます。

 

f:id:msblogfree:20190728231234j:plain

 

事前に網に牛脂を塗っていたので、網にそこまでくっつきもせずに焼けていきます。

本当にお店焼肉と変わらないくらいの速度で焼けていきます。

味もホットプレートで焼いた時のようなベチャっとした感じではなく、お店で焼肉を食べているように錯覚するほど。

 

余分な油が下に落ちていくのでお店で焼くのと本当に変わりません。

お手軽なお値段で今後の自宅焼肉を本格派にできるなんて素晴らしすぎる…

 

f:id:msblogfree:20190728231842j:plain

 

こんな感じで宮崎牛、おろしポン酢でさっぱりといただきました。

自宅でこんな風に本格的な焼肉が自宅で味わえるなんて感動です。

今回食欲に耐えきれずに写真を撮り忘れたので、こちらはお店で食べた時のものです。

ちなみにこの時に撮影した写真です。

 

www.msblog09.net

 

流石に炭火よりは次便の好み的に劣っているとは思いますが、自宅でこのレベルの焼肉が食べれるなら全然問題ないです。

 

これなら下手なお店に行くよりも自宅でこの『炉端焼き機』を使って本格焼肉をした方がお財布的にも優しいですし、お酒を飲む方なら帰りの心配もしなくていいですね。

 

BBQと違い、設営や準備の手間もないので本当に手軽に楽しめます。

 

今回のこの『炉端焼き』ただ一点だけ気になったのは、おそらくみなさんも思ってる煙の量ですね。

 

『炉端焼き機』で焼肉をすると、ホットプレートでするよりもやはりやや煙の量が多い気がします。

換気扇を全開でしたのですが、部屋が真っ白になってしまいました…

これを使う際には窓を開けて換気をした方が確実です。

真夏みたいな暑い日だと少ししんどいかもしれません…

 

お肉と野菜でコレなんで、魚は外か換気扇の真下で焼いた方がいいかもしれませんね。

 

窓を開けて騒いでいると、ご近所さんにも迷惑がかかるのでそこらへんの配慮は必須です。

完全に締め切って使うってわけには行かなさそうです。

 

ちなみに後日鶏肉だけで試してみました。

換気扇の真下に陣取って焼いてみたらそこまでは気にならないくらいの煙の量でした。

 

超有名YouTuberの『かねこ』さんもこの炉端焼き機をしようされてますね。

その時の動画はこちら↓↓↓

 


知り合いからもらった謎の『海鮮箱』中から出てくる海鮮に一同驚愕。

 

自宅で本格焼肉が楽しめる炉端焼き まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

自宅で本格焼肉ができる『炉端焼き機』とても魅力的じゃありませんか?

煙の問題はありますが、ホットプレートでも換気は必要なのでそこまで苦にはなりませんし、それだけでめちゃくちゃ美味しい焼肉が自宅でゆっくり食べれる。

 

もうそれだけで十分すぎるくらいの魅力を感じます。

ガスボンベ新品一本で常に火力MAXの状態で時間的におそらく40分〜50分程度は使え、火はまだ消えてませんでした。

 

今回は二人で焼肉をしたのですが、ガスボンベ一本で事足りました。

コスト的にも優しいですね。

ぜひ低コストで本格焼肉が自宅で楽しめる『炉端焼き機』を試してみてはいかがですか?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

合わせてこちらの記事もどうぞ

当ブログおすすめ記事

↓↓↓

www.msblog09.net

www.msblog09.net

www.msblog09.net